リサイクルトナーって

プリンターにとって、インクというものは、機能を果たすためになくてはならないものです。そのインクですが、思っている以上に高額で、なくなったから交換しようとしたら驚いた経験があるはずです。日本のプリンターの場合、本体の価格を下げて、消耗品であるインクの値段を引き上げてあります。経営方法の問題でもありますが、消耗品で利益を上げる構造といっていいでしょう。
そのため、いざ交換しようと思うと、2回もインクを買ったら、新品のプリンターがインク付きで買えてしまうような事態も引き起こしています。これは、利用者にとっていいことであるとは言えず、エコロジーという点においても大きな問題を抱えているといっていいでしょう。

そこで、リサイクルトナーというものが存在します。トナーはプリンターの中でもレザープリンターやコピー機に使うものですが、これがなければ印字をすることができません。
そのトナーの空箱を回収し、洗浄して修理したりすることで再生したのがリサイクルトナーなのです。廃品として捨てられるものを利用し、純正のかなり近い状態で再利用できるため、エコロジーという面で優れています。単価も落とすことができるので、手に入れやすいものとなっているのです。

ただし、稼働率ということを考えると、純正品ではないため落ちることは覚悟しなければいけないでしょう。しかし、90%近くもコストダウンできることを考えたら、大きなリスクとは言えないのです。リサイクルトナーにもいろいろなものがありますし、注意しなければいけない点がありますので、そういった情報を知ったうえで使うとコストパフォーマンスを生かすことができるでしょう。

Copyright © 2014 リサイクルトナーとは何か All Rights Reserved.